有朋会について

理事長挨拶

ふれあいと信頼に基づき、豊かで良質の地域精神医療のご提供を目指して

当院は、昭和42年10月に水戸市の北に隣接する那珂市に開設されました。その後、昭和46年9月医療法人社団有朋会を設立し、同年11月有朋会栗田病院の開設となりました。当法人は開設当初より「患者様のための良質な精神医療とは何か」を追求し続け、日々変わりゆく精神医療の前身となれるよう病院の改革に取り組んで参りました。私自身は、平成15年4月に院長に就任し、その後平成25年4月より理事長に就任、現在職員一同一丸となって地域の住民の皆様のメンタルケアに取り組んでおります。

当院は、水戸市の市街からも車で10分程の閑静な地域に位置し、水戸市・那珂市・ひたちなか市・常陸大宮市・城里町などを中心とした地域にお住まいの住民の皆様の精神医療サービスを担っております。

当院の理念として、第一に「常に患者様の視点に立って、患者様ひとりひとりを尊重した心の通い合う医療の実践」を挙げています。このためには、優秀な病院スタッフの育成と、急性期から社会復帰に向けた経過の中で多様な治療環境の確立が必要となります。そこで様々な職種(医師、看護師、薬剤師、作業療法士、音楽療法士、精神保健福祉士、臨床心理士、介護福祉士、管理栄養士等)を充実させ、また高水準の看護基準を取得し、チーム医療の充実を図っています。外来部門では、精神科デイケア(大規模)やデイ・ナイト・ケア、ショートケア(大規模)のほか、精神科訪問看護などを行っています。診療では予約外来などを導入し、患者様サービスに努めています。入院部門では、精神科急性期治療病棟、精神科療養病棟、認知症疾患治療病棟などがあり、中でも急性期治療病棟ではクリニカル・パスを導入し早期退院を目指しています。社会復帰部門では、自立訓練(生活訓練)事業所「くりの実」、グループホーム「くりの木」、「くりくり」、「くりあん」などを併設しています。以上のほかに、平成17年度より介護事業部を設置し、院内に居宅介護支援事業所「クリクリ」を併設しました。また、那珂市には認知症専用通所介護「クリクリ瓜連」、水戸市には居宅介護支援事業所「クリクリ住吉」及び認知症専用通所介護「クリクリ住吉」「クリクリ青柳」、ひたちなか市には認知症専用通所介護「クリクリ市毛」をそれぞれ設置しています。

第二の理念として、多様化し変化の激しい近年の精神医療に病院スタッフが対応できるように、看護職員をはじめとする職員の院内教育にも力を注いでいます。これにより病院スタッフがお互いに意思疎通のとれた明るく開放的で良好な院内の雰囲気をつくり、明確な目標を目指して良質な医療を患者様に施すことのできるように工夫しています。

また、これまで数多くの研修学生の方々が当院で精神医療の研修をつまれています。筑波大学医学専門学群や県立医療大学、国際医療福祉大学をはじめ、北関東や東北地方の看護専門学校、医療短期大学、医療技術専門学校からの学生実習も受け入れ、このことが相乗的に職員の医療人としての自覚や仕事への意欲を育む結果を生んでいます。さらに平成16年度からは筑波大学附属病院の協力型臨床研修指定病院となり、卒後前期臨床研修制度にも参加しています。

心の回復には患者さんとスタッフの人間的交流が不可欠です。明るく穏やかな療養環境の中で人と人とのふれあいと信頼が生まれるように、私どもは共感に支えられた医療を目指しています。ともに励まし合えるパートナーとして患者さんには、やすらぎのケアをご提供できるように心がけています。個々の職員もベテランから若手まで伸び伸びと、かつ意欲的に治療環境づくりに励み、お互いに助け合い相談しながら日々の診療活動を行っています。

医療法人社団 有朋会
理事長 栗田 裕文

沿革

続きを読む

昭和42年6月24日 診療所 栗田医院開設 栗田秀秋院長就任
昭和42年10月5日 栗田病院開設許可(精92床)(医指令第83号)
昭和43年5月1日 基準給食、基準寝具設備承認(保指令第37号)
昭和46年9月29日 医療法人社団有朋会設立許可(医指令第135号)
昭和46年11月22日 医療法人社団有朋会栗田病院開設許可(医指令第159号)
昭和49年12月1日 基準看護、基準給食、基準寝具設備承認(保指令第89号)
昭和55年12月1日 基準看護、基準給食、基準寝具設備変更承認(保指令第121号)
昭和55年7月1日 基準寝具承認(保指令第78号)
昭和59年10月28日 栗田邦子理事長就任
外岡君江病院長就任
昭和61年4月1日 岩井秋人病院長就任
昭和63年4月1日 鈴木利人病院長就任
平成2年8月4日 歯科併設
平成3年4月1日 嶋崎素吉病院長就任
平成3年11月1日 精神科デイ・ケアセンター開設
平成4年3月1日 精神科デイ・ケア(大規模)施設基準承認(保指令第2号)
平成4年11月1日 特別管理給食加算承認(保指令第236号)
平成6年6月1日 看護基準、基本看護2種承認(保指令第39号)
平成6年12月1日 選択メニュー開始
平成7年1月1日 看護基準、特1(II)承認(保第63号)
平成7年4月1日 精神障害者生活訓練施設援護寮(くりの実)開設
平成9年10月1日 精神科ナイト・ケア届出受理(保第2150号)
グループホーム「くりの木荘」設置指定(予第2169号)
平成10年4月8日 老人性痴呆疾患療養病棟及び老人性痴呆疾患デイ・ケア施設等の使用許可(大保指令第11号)(精神209、老人性痴呆疾患療養50)
平成10年11月1日 重度痴呆患者デイ・ケア(I)届出受理(痴デI)第1号
平成12年1月1日 グループホーム「第2くりの木荘」設置指定(障福第2011号)
平成12年3月1日 精神3対1看護(B)届出受理(保第495号)
平成12年9月1日 重度痴呆患者デイ・ケア(II)届出受理(痴デII)第4号
平成13年9月30日 歯科廃止
平成14年5月1日 精神障害者福祉ホームB型「くりくり」開設
平成14年5月16日 精神科ナイト・ケア届出の辞退
精神科デイナイト・ケア開設
平成14年6月1日 精神科デイナイト・ケア届出受理(デナ第6号)
平成15年4月1日 栗田裕文病院長就任
平成15年12月1日 病床削減(259床から239床)
診療科目追加 心療内科(大保第1385号)
平成16年2月1日 病床削減(239床から218床)
平成16年3月1日 ヒマワリ病棟届出受理(精療1)第15号
看護配置加算届出受理(看配334号)
精神病棟入院基本料届出受理(精神入院)第334号 精神入院基本料3
平成16年4月1日 医療保護入院等診療料届出受理(医療保護)第2号
褥瘡患者管理加算届出受理(褥)第20号
平成16年6月1日 老人性痴呆疾患療養病棟入院料辞退
老人性痴呆疾患療治療病棟2届出受理(老痴治2)介第1号
平成16年9月17日 精神科急性期治療病棟届出受理(精急1)第1号
平成17年7月1日 指定居宅介護支援事業所 クリクリ 届出受理
平成17年8月21日 認知症専用単独型通所介護 クリクリ瓜連 届出受理
認知症専用単独型通所介護 クリクリ豊喰 届出受理
平成18年2月15日 指定居宅介護支援事業所 クリクリ住吉 届出受理
認知症専用単独型通所介護 クリクリ住吉 届出受理
平成18年3月27日 認知症専用単独型通所介護 クリクリ市毛 届出受理
平成18年4月1日 単独型指定認知症対応型通所介護 クリクリ瓜連 見なし認定受理
単独型指定介護予防認知症対応型通所介護 クリクリ瓜連 見なし認定受理
単独型指定認知症対応型通所介護 クリクリ豊喰 見なし認定受理
単独型指定介護予防認知症対応型通所介護 クリクリ豊喰 見なし認定受理
単独型指定認知症対応型通所介護 クリクリ住吉 見なし認定受理
単独型指定介護予防認知症対応型通所介護 クリクリ住吉 見なし認定受理
単独型指定認知症対応型通所介護 クリクリ市毛 見なし認定受理
単独型指定介護予防認知症対応型通所介護 クリクリ市毛 見なし認定受理
平成18年6月8日 病院リニューアル工事起工式
平成18年8月1日 病床数変更 218床から212床へ
平成18年12月18日 ISO9001取得
平成19年3月1日 病床数変更 212床から205床へ
平成19年4月1日 株式会社日立製作所日立総合病院臨床研修協力病院
平成19年8月10日 リニューアル工事終了
平成19年11月11日 新病院内覧会(151名出席)
平成20年4月1日 精神病棟入院基本料受理(精神入院)
第424号 精神15対1入院基本料(1棟45床)
看護補助加算受理(看補)第424号 精神入院15対1看護補助(1棟45床)
医療観察精神科ショートケア「大規模なもの」受理(医精ショ大)第11号
平成20年5月1日 精神科地域移行実施加算受理(精移行)第7号
平成20年6月1日 精神科身体合併症管理加算届出受理(精合併加算)第12号
平成21年4月1日 自立訓練(生活訓練)事業所「くりの実」開設
平成21年12月1日 認知症疾患医療センター指定(平成21年12月1日から平成24年11月30日)
平成21年12月18日 ISO9001:2008更新(有効期間平成21年12月18日から平成24年12月17日)
平成22年4月8日 精神科デイ・ナイト・ケア(デナ)第6号30人から50人へ変更届出受理
平成22年4月14日 認知症治療病棟退院調整加算届出受理
認知症専門診断管理料届出受理
平成22年5月1日 精神療養病棟入院料受理(精療)第19号(45、60床)
平成22年8月1日 共同生活援助・共同生活介護事業所「くりの木荘」開設
平成22年9月1日 認知症対応型通所介護介護予防認知症対応型通所介護「クリクリ青柳」開設
共同生活援助・共同生活介護事業所「くりあん」開設
敷地内全面禁煙開始
平成23年3月11日 東日本大震災
平成23年4月1日 共同生活援助・共同生活介護事業所「くりくり」開設
平成24年4月16日 精神療養病棟入院料受理(精療)第19号
ヒマワリ病棟(45床)退院調整加算有
コスモス病棟(60床)退院調整加算有
認知症治療病棟入院料1受理(認知1)第4号
マロン病棟(50床)退院調整加算有
後発医薬品使用体制加算1受理(後発使1)第18号
平成24年6月26日 電子カルテ(精神科診療支援システム「Alpha」)導入
診察用エックス線装置備付届(CTエックス線装置)
製作:SIEMENS A.G、型式:SOMATOM Spirit
平成24年9月1日 精神科応急入院施設管理加算受理(精応)第2号
精神科救急搬送患者地域連携受入加算受理(精救急受入)第19号
平成24年12月18日 ISO9001:2008更新(有効期間平成24年12月18日~平成27年12月17日)
平成25年4月1日 栗田裕文理事長就任
精神療養病棟入院料受理(精療)第19号(重症者1)第19号
自立支援医療機関(精神通院医療)指定
指定期間:平成25年4月1日~平成31年3月31日
平成25年5月1日 精神科地域移行実施加算(精移行)第7号 辞退
平成25年5月18日 原爆被爆者一般疾病指定医療機関申請
平成26年4月1日 安部秀三院長就任
精神科地域移行実施加算受理(精移行)第14号
精神療養病棟入院料受理(精療)第44号
重症者加算1有、精神保健福祉士配置加算有、退院調整加算有
認知症患者リハビリテーション受理(認リハ)第1号
平成26年5月15日 単独型指定認知症対応型通所介護 クリクリ豊喰 事業所閉鎖
平成26年5月16日 小規模多機能型居宅介護 介護予防小規模多機能型居宅介護
小規模多機能ホーム クリクリ(事業所番号0892600065)開設
認知症対応型共同生活介護 介護予防認知症対応型共同生活介護
グループホーム クリクリ(事業所番号0892600073)開設
平成26年9月1日 精神科急性期治療病棟入院料1の受理(精急1)第1号
精神科急性期医師配置加算:加算
平成26年12月1日 精神病棟入院基本料(精神入院)第431号 2棟100床
認知症治療病棟入院料1(認治1)第9号
マロン病棟(50床)退院調整加算有
平成27年1月1日 精神療養病棟入院料受理(精療)第44号
ヒマワリ病棟(45床)退院調整加算有、精神保健福祉士配置加算無
コスモス病棟(60床)退院調整加算有、精神保健福祉士配置加算無
平成27年1月7日 精神科身体合併症管理加算届出受理(精合併加算)第12号
平成27年1月27日 OHSAS18001:2007取得(有効期間平成27年1月27日~平成30年1月26日)
平成27年4月1日 精神療養病棟入院料受理(精療)第44号
ヒマワリ病棟(45床)退院調整加算有、精神保健福祉士配置加算無
重症者加算有
コスモス病棟(60床)退院調整加算有、精神保健福祉士配置加算無
重症者加算有
抗精神病特定薬剤治療指導管理料(治療抵抗性統合失調症治療指導管理料に限る。)(抗治療)第5号
平成27年4月28日 病院開設許可事項の一部変更許可(厚総指令第23号)
病床変更(205床から203床)
平成27年5月1日 精神科急性期治療病棟入院料1の受理(精急1)第8号
認知症患者リハビリテーション受理(認リハ)第2号
平成27年5月29日 平成27年4月28日付厚総指令第23号にて許可された施設の使用許可(大保指令第17号)
平成27年6月1日 重度認知症患者デイ・ケア辞退
平成27年6月1日 相談支援事業所くりの木 開設
平成27年10月1日 精神科急性期治療病棟入院料1の受理(精急1)第8号
精神科急性期医師配置加算:加算
認知症治療病棟入院料1(認治1)第9号
マロン病棟(50床)退院調整加算有、認知症夜間対応加算有
平成27年12月31日 指定居宅介護支援事業所クリクリ住吉 休止
平成28年1月31日 認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護「クリクリ住吉」 事業所閉鎖
認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護「クリクリ青柳」 事業所閉鎖
平成28年2月1日 通所介護・介護予防通所介護「クリクリ住吉」 開設
平成28年2月22日 訪問看護ステーション こころ 指定通知
平成28年3月18日 精神科地域移行実施加算の受理(精移行)第14号
平成28年4月1日 後発医薬品使用体制加算2受理(後発使2)第3号
精神科訪問看護基本療養費にかかる届出の受理(訪看10)第89号
平成28年4月28日 指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定
訪問看護ステーション
平成28年6月8日 認知症対応型通所介護・介護予防認知症対応型通所介護「クリクリ金上」 開設
平成28年6月13日 訪問看護ステーション こころ 事業開始
平成28年7月1日 障害福祉サービス事業(就労移行支援)KURITAワークサポートセンター「Work-Work」開設
平成28年7月7日 認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護「グループホームクリクリ田彦」 開設

理念

続きを読む

1 私達の求める姿

私たちの使命は、患者様、利用者様、ご家族様、地域連携機関、地域住民、有朋会職員といったあらゆる方々の「こころ」に、温かな(ホットな)灯りをともすこと、笑顔を増やし続けることです。その使命を果たすことで、以下3つの姿を実現します。
医療・介護・福祉を統合した高品質のサービスを設計・開発し提供し続けている。
スタッフみなが有朋会の一員であることに胸を張れており、患者様、利用者様、ご家族様に質の高いサービスを提供している。
働きたい・学びたいと希望する方が絶えることなく集まってくる。

2 私達の約束

■経営者の約束
私たちとスタッフの皆さんとは、同じ船に乗り合わせた仲間です。共に力を合わせて、切磋琢磨し成長してまいります。具体的に以下の約束をします。
スタッフに愛情を持って接し、一人ひとりの成長を促します。
スタッフ一人ひとりのビジョンと組織のビジョンとが同じ方向を向くようにコミュニケーションを大切にします。
経営者として、組織を成長させるための自己研鑽を続けます。
■マネージャーの約束
私たちは、与えられた部門の改革に積極的に取り組み、当法人に新しい風を吹き込みます。
私たちは、現場の意見を吸い上げ、経営者との円滑なコミュニケーションをはかることによって、全スタッフに活気がみなぎるよう全力で取り組みます。
■スタッフの約束
私たちは、患者・利用者様やご家族様との触れ合いに喜びを感じながら、与えられた職務にプロとしての誇りを持って取り組みます。
私たちは、上司、同僚、部下、みな同じファミリーであると自覚し、尊重し、それぞれの役割をプレイします。

3 臨床スピリット

臨床現場における治療、支援に対する共通のスピリットを『臨床スピリット』に定め医師を含むスタッフ全員で内容を理解し実行します。

有朋会における労働安全衛生方針について

→ 労働安全衛生方針

有朋会・組織図

続きを読む

職種内訳

(平成30年4月1日時点)

続きを読む

職種 常勤 非常勤 合計
医師 7名 15名 22名
看護師 55名 6名 61名
准看護師 31名 2名 33名
薬剤師 2名 2名
精神保健福祉士 24名 1名 25名
作業療法士 24名 1名 25名
臨床心理士 7名 7名
管理栄養士 4名 4名
ケアマネジャー 9名 9名
介護福祉士 49名 49名
音楽療法士 1名 1名
放射線技師 4名 4名
ナースエイド 23名 3名 26名
マネジメントスタッフ等 13名 1名 14名
その他 29名 29名
合計 277名 34名 311名

臨床スピリット

有朋会臨床スピリットとは

医療法人社団 有朋会では、目指すべき精神医療の姿を臨床スピリットという形で表現しています。一人ひとりがその実践を目指すことで、有朋会職員が一丸となり、質の高い医療・介護のご提供に取り組んでいます。

続きを読む

我々は、精神医学を生業とする者として、生物主義、心理社会主義、いずれの立場にも傾倒せず、いずれの立場の治療・支援・アプローチにおいても、その有効性と限界を真摯に受け止め、あらゆる可能性を模索し続ける。
したがって、我々は、一人ひとりの患者様と共に、1つひとつの治療なり、支援なり、アプローチなりを丁寧に検討し、実施する立場をとる。
そこでは、なによりも、患者様の自律心、主体性、意思の決定・成長を大切にし、治療場面において”退行”に留意し、一人ひとりの患者様の成長や発達段階に合わせた治療・支援・サポートを患者様と共に歩んでいく。
そのためにも、我々は、患者様を含め、医療者全体がチームとなり、集団(患者様、医療者、ご家族様)の力を信じ、その力が最大限発揮できるように、自己点検、相互点検、教育的機会を十分に持ち、たゆまぬ研鑽に努めなければならない。

院長挨拶

続きを読む

患者様やご利用者様、ご家族の「こころ」に暖かな灯りを灯すこと、それが私たちの使命です。有朋会は、精神科急性期医療、社会復帰支援、認知症ケアを柱として幅広く切れ目のない「こころ」のケアに情熱を持って取り組んでいます。当法人の事業が、地域の「こころ」の医療・介護の向上に貢献することを願い、これからも自己研鑽を続けて参ります。

有朋会は次の3つの柱をもった「こころ」の専門医療機関です。

1.急性期医療
県内初の精神科急性期治療病棟を持ち、早期入院、早期治療を実現します。
2.社会復帰支援
精神科リハビリ(作業療法やSST)が充実しています。作業療法士の数は県内の精神科病院では最多です。また、様々な社会復帰施設やデイケア、デイナイトケア、訪問看護などで退院後の生活をサポートします。
3.認知症ケア
予防や在宅生活支援のための認知症専門のデイサービス、そして不調時のケアやご家族の休息(ショートステイ)を認知症治療病棟で行います。現在のところ根治療法がない認知症ですが、だからこそ、その患者様が、その方らしく過ごせるケアを実践して参ります。

医療法人社団 有朋会
栗田病院 院長 安部 秀三

病院概要と諸機能

栗田病院は、精神医療と高齢者医療を中心に地域の医療活動を行っています。

続きを読む

病院概要

診療科目 精神科・神経科・心療内科
病床数 203床
施設基準 精神科急性期治療病棟入院料Ⅰ(48床)
精神療養病棟入院料(103床)
認知症治療病棟入院料Ⅰ(52床)
精神科応急入院施設管理加算
精神科身体合併症管理加算
精神科地域移行実施加算
入院時食事療養費Ⅰ
薬剤管理指導料
医療安全対策加算Ⅱ
精神科作業療法
精神科ショートケア「大規模なもの」
精神科デイケア「大規模なもの」
精神科デイ・ナイト・ケア
医療保護入院等診療料
認知症治療病棟、精神療養病棟退院調整加算
認知症専門診断管理料Ⅰ
後発医薬品使用体制加算Ⅰ
精神科救急搬送患者地域連携受入加算
認知症患者リハビリテーション料
抗精神病特定薬剤治療指導管理料
実習受け入れ 筑波大学 茨城県立医療大学 国際医療福祉大学 他
医局出身大学構成 筑波大学 順天堂大学 杏林大学 他
病棟区分 精神科急性期治療病棟Ⅰ(48床)
精神療養病棟(103床)
認知症治療病棟Ⅰ(52床)

病院の紹介

栗田病院は、充実した医療活動を目指して、医師の誠意的かつ精力的な医療活動を実践するだけではなく、患者様のための医療の確立のために多様な医療スタッフの充実を目指しています。

続きを読む

第一に高水準の看護基準を取得した上で、精神科急性期治療病棟を開設し患者様の早期退院を心がけています。急性期病棟では多くの医療スタッフを配置するだけではなく、クリニカルパスを導入し社会復帰を目指しています。治療の対象は統合失調症や認知症だけではなく、最近ではうつ病の患者様の入院も多く、近年増加傾向にあるうつ病に対する治療の充実を目指しています。

さらに、ヒマワリ病棟などに入院されている患者様のリハビリテーションや社会復帰を目指して、それぞれ10名以上の作業療法士や精神保健福祉士がこの実践に努力しています。デイケアやデイナイトケアでは現在、一日100名以上の患者様が参加しています。以上のデイケアでは、有朋会の社会復帰部門に属する精神障害者生活訓練(自立訓練)施設、精神障害者グループホームなどの施設とも密接に連携し患者様の早期の社会復帰を目指しています。

高齢者医療においては、当院では、認知症に対して専門的に取り組んでおります。作業療法士や音楽療法士、精神保健福祉士、介護福祉士、管理栄養士などからなるチーム医療を通して認知症治療病棟(50床)の充実を図っています。当院の認知症への取り組みは、更に有朋会の介護部門の居宅介護支援事業所と4つの通所介護施設と連携し、より多くの認知症の患者様の介護・治療にあたっています。さらに、認知症活動を高めるために当院専門外来において「もの忘れ外来」を開設しております。

当院の病院機能としてもう1つご紹介したいものに精神医療の教育・普及に関する活動が挙げられます。筑波大学医学専門学群や茨城県立医療大学、茨城キリスト教大学、国際医療福祉大学をはじめ、その他に多くの看護専門学校、医療技術専門学校からの学生実習を受け入れています。また、卒後教育として筑波大学や日製水戸病院の協力型臨床研修病院として臨床研修医を受け入れています。他に当院の医師が周辺の看護専門学校の精神看護学の非常勤講師として教鞭にも立っています。

最後に職員教育については、新入職員向けの院内教育として定期的に全職種を対象として月1~2時間の精神医療に関わる様々な問題に着目した講義を受講させるシステムをつくっています。それにより院内で働く職員間に共通した問題意識を共有すると共に精神医療に関する職員間の教育レベルの均等化を図っています。さらに国内学会への参加を奨励し、各部門の職員の能力向上に努力しています。

以上の診療や教育における様々な諸機能を通して、患者様のより良い治療環境のご提供とその実践に必要かつ重要な職員教育の実践を心がけています。

創立記念事業

さらなる飛躍の機会とするため、講演会、発表会などの事業を、年間を通じて実施しています。

詳しくはこちら

広報誌

栗田病院がお届けする広報誌。医療に関する情報を分かりやすく掲載しています。

詳しくはこちら

企業向けストレスチェック

詳しくはこちら(CMHSサイト)

研修について

私たちは以上の基本姿勢に基づき、教育システムを整備し、スタッフの研鑽の機会を提供しています。

詳しくはこちら(リクルートサイト)

お問い合わせ
お問い合わせ