入院について

入院までの流れ

【ご相談】

お電話をいただき、入院希望の旨をお伝えください。
担当者(地域医療連携室ケースワーカー)が、お話をお伺いします。

【入院調整】

医師と病棟と相談し、入院調整を行います。調整によっては、入院可能までに数日~1週間程度お待ちいただく場合もございます。入院可能な日が決まりましたら、患者様、ご家族様と相談のうえ、入院日を決定します。

【ご来院】

入院日当日は、受付でにて診察のお申し込みをしていただきます。保険証、紹介状(診療情報提供書)をご持参ください。外来で診察を受けていただき、入院が決まりましたら入院説明と手続きを行います。尚、入院には保護者の同意が必要な場合もございますので、必ずご本人、保護者の方とご一緒にご来院ください。

入院手続きに必要なもの

  • 保険証
  • 入院保証金15万円
    退院時に「入院保証金預かり証」と引き換えにお返しいたします。
  • 印鑑(患者様本人・身元保証人・連帯保証人)
    入院には身元保証人と連帯保証人が必要になります。
  • 紹介状
    他院からの紹介、他院に定期的に通院があった場合必要になります。
  • 頭部画像検査結果(MRI・CT等)
    物忘れ、認知症の方は必要になる場合があります。

入院の持ち物について

  • 衣類(ひもの付いている衣類は不可)
  • 洗面セット(歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔フォーム、へアブラシ等)
  • ティッシュペーパー
  • コップ(プラスチック製)
  • 上履き(ひも靴は不可)
  • 電気カミソリ(男性)
  • 生理用品(女性)
  • ふたつきバケツ(洗濯物持ち帰りの方のみ)
  • 衣装ケース(サクラ病棟は不要)

※病棟ごとに必要となるものや、制限するものが異なりますのでご確認ください。

持ち込み制限について

  • 刃物類、火気類等の危険物
  • パソコン、ゲーム、携帯電話、テレビ等の家電製品
  • 現金等の貴重品

※病棟ごとに制限するものが異なりますのでご確認ください。

面会について

面会時間
9:30~11:30、12:30~17:30
(※17:00以降は夜勤帯のため、職員の対応が遅れることがあります。)

※面会は、原則ご家族様に限らせていただきます。
※飲食物を持参された場合、お召し上がりいただくのは面会時のみとしていただいています。

外出外泊について

外出外泊時間
9:30~16:00(外出、外泊依頼書にご記入いただきます。)

洗濯について

原則ご家族様お持ち帰りでお願いいたします。病院に委託される方は、別途料金が発生いたします。

費用について

【入院料】

入院料は健康保険法に基づき計算され、法に定める負担割合に応じた負担額となります。

※減額認定証により入院費が軽減される場合がございますので、社会保険組合、市町村にご確認ください。

【医療保険外負担】

入院加療中の費用には、保険診療での治療費が支払われる部分と保険適用外として各自で費用を負担していただかなくてはならない部分とがあります。

  1. 特別療養環境室料
  2. 自由診療費
  3. 小遣い管理費

※入院にかかる費用に関しましては、以降に記す入院形態や保険により異なる場合がございます。

入院費の支払いについて

  • 入院費は月締め、翌月10日~15日の月1回支払いとなります。病院窓口でお支払いください。
  • 請求書は発送しておりませんので、期日までのお支払いをお願いいたします。
  • 退院時には一括清算となります。

入院形態について

精神科への入院は精神保健福祉法に定められた入院形態があります。

任意入院 本人の同意による入院
医療保護入院

精神保健指定医が診察した結果入院の必要性があり、
「ご家族等」の同意による入院

※「ご家族等」とは下記のいずれかに該当する方です。

  1. 患者様の配偶者である夫または妻
  2. 患者様が未成年の場合、その両親
  3. 患者様が成人の場合、その父、母、子、兄弟姉妹等の扶養義務者
  4. 患者様の法定の後見人、保佐人

※入院時は、入院形態に関わらず、家族の同伴が必要となります。

お問い合わせ
お問い合わせ