感染対策指針

1.感染対策指針の目的

この指針は、法人内感染の予防・再発防止策及び集団感染事例発生時の適切な対応など法人における院内感染対策を確立し、適切かつ安全で質の高い医療・介護・福祉サービスの提供を図ることを目的とする。

2.院内感染対策に関する基本的な考え方

1) 院内感染対策に関する基本的な考え方

①法人内感染の発生を防止し、予防活動の円滑な実施を図る。

②労働安全衛生法の主旨に基づき、職場の労働安全管理に関する基本的事項を定め、職員の安全と健康を確保する。

2) 感染対策のための委員会その他の当法人の組織に関する基本的事項

感染対策に関する法人全体の問題点を把握し、改善策を講じるなど感染対策活動の中枢的な役割を担うために、組織横断的な感染対策委員会を設置する。
掌握事項は、

①患者・利用者及び職員の感染防止および対策の推進。

②感染防止策に対する資料の収集。

③感染防止策のための研修及び教育。

④その他、感染防止策に関する事項。

3) 感染対策のための職員に対する研修に関する基本方針

法人内教育の一環として、感染対策の基本、労働安全に対する正しい知識、事例についての対応を教育する。

4) 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

職員は、自己に感染の疑いがある時、及び疑いの患者を認知した時は医療安全管理室に報告しなければならない。各感染対策委員は「感染症発生および治療終了報告書」を作成し、医療安全管理室へ提出する。治癒、退院、転院等については治療終了報告書を医療安全管理室に提出する。詳細はフローチャート参照。

5) 感染発生時の対応に関する基本方針

感染が発生した場合には、発生部署長が部長に報告し、翌日の朝の会で報告を行う。内容によって臨時委員会を設置し、二次感染の予防、治療の方針・指示をする。また、医療に関する法律に規定される診断及び届出は基準に沿い担当医師が行う。

6) 患者等への情報提供と説明に関する基本方針

①本指針は、本院ホームページにおいて、患者又は家族が閲覧できるようにする。

②疾病の説明とともに、感染防止の基本についても説明して、理解を得たうえで、協力を求める。

7) その他、感染対策の推進のために必要な基本方針

感染を防止し、患者の安全と職員の健康、安全を守り、チーム医療としての組織的運営を図る。また、法人内環境の実態把握をするため、巡回、点検、感染及び伝播の防止や職員の安全と健康を確保する。

お問い合わせ
お問い合わせ