外来リハビリテーション 2022年10月の出来事

“就労支援”のプログラム

【就労サポートプログラム】
就労準備性の向上を目的としたプログラムで、「基礎」「応用」就労準備性の向上を目的としたプログラムで、「基礎」「応用」「共通(作業)」に分かれています。
皆さんの働きたい思いを全力でサポートします!
10月は、社会性の講義でした。社会性の講義では日々の生活で実践が出来るように具体的には第一印象や報告連絡相談の練習しました。
皆さんの参加をお待ちしています!

“生活支援”のプログラム

【年代別活動】
<10~30歳代 太陽グループ> <40~50歳代 レインボーグループ>

10月は魚べい寿司とひたちなか海浜公園散策をする予定でしたが、あいにくの雨で魚べい寿司と大洗海岸ドライブになりました!ひたちなか海浜公園に行けなかったのは残念でしたが、雨の中の海を見るというのもまた一興です!

<60~70歳代 ひかりグループ>

10月ではハロウィンゲーム大会でボウリングとお菓子釣りをしました!お菓子釣りでは当たりであればお菓子がもらえるけれども、外れてしまうとお菓子はもらえないというハラハラドキドキでした。外れてしまった人は残念そうにされていました…。

【外出】
<男子会>

久しぶりに内原イオンへ外出しました!皆さん生活で必要なものであったり、フードコートで美味しい料理を食べたりと自由に楽しんでいる様子が見られました!

【調理プログラム】
<木木クッキング>

この日はクリームシチューとサラダを作りました!10月でも寒い日はあったので、クリームシチューを食べる事で体もぽかぽかになり、美味しいシチューが出来ました。

【その他のプログラム】
<フルイドアート>

絵の具の流動性を利用して制作された芸術作品を指し、液体の絵の具の流動性(fluid)が描き出した芸術(art)という意味です。絵具を伸ばし過ぎてしまうと絵具が混ざりすぎてしまうため、丁度良い伸ばし具合を見つけるのが大変でしたが良い経験になりました!

※おわりに
10月に入り冬らしさがだんだんとみられるようになりました。暖かく着込んで風邪をひかないように、またプログラムに参加して寒さに負けないように気を付けてまいります!11月、12月はたくさんのプログラムが控えているのでぜひ皆様のお越しをお待ちしております。